9月の連休中に名古屋経由で鳥羽まで旅行してきました。

今回は某ひとやさんが9月に連休取れるかも?って感じで、
確定するのが結構連休近かく、珍しくあまり周りに打診しないでの旅行でした。

いき場所も初め特に決まっていなかったのですが、
連泊だしちょっと足を伸ばしてみるかということで鳥羽になりました。

肉と海産物何が食いたいかという話になって、
伊勢海老ってことでのチョイスです。

新幹線で名古屋まで行ってから、近鉄に乗り換えるって形ですので、
折角だし、名古屋もちょっと観光しようということになりました。

otuta001
ということで、熱田神宮に行って来ました。



織田信長が桶狭間の戦いに出陣する前に戦勝祈願をした神社として有名ですね。


otuta004

otuta005

地図で見るとかなり近い位置まで攻めこまれていたのがわかります。

ちなみに信長が戦いに勝った後に熱田神宮に収めたのが

otuta003
信長塀です。

日本三大塀の一つだそうですよ。
ちなみに後の2つは三十三間堂の太閤塀、西宮神社の大練塀だそうで、
みんな室町時代から安土桃山時代にかけて作られたもんなんですね。

そんな熱田神宮ですが、祭神は熱田大神です。
これだけだとよう知らんし…って感じですが、
草薙の剣を御霊代にした天照大御神のことです。

熱田神宮には三種の神器の一つ、草薙の剣が祀られているんです。

草薙の剣に関しては色々な物語や漫画でネタになっているのであれですが、
その中でもよくあるのが、平家滅亡の壇ノ浦の戦いで草薙の剣だけ見つからなかったという話ですね。

なので、今のものは偽物なんだよ!!!!

ってなネタを見かけますが、調べると
そもそも三種の神器って結構なくなったりしているみたいですw

壇ノ浦でなくなった草薙の剣も崇神天皇時代に作られた「形代」(レプリカではなく神器に準ずるもの)だったとか、ね。

まぁ何を持って本物にするかわからないので今の時代は熱田神宮にあるものが本物ということです。